[Morocco]Day.10_マラケッシュから行ける海辺の街エッサウィラ

モロッコで過ごす時間も残りわずか、明日の昼にはロンドンに戻ります。

最終日はエッサウィラというマラケッシュからバスで三時間の港町に立ち寄ることにしました。
バスはお世話になったCTM、この区間は人気という情報を聞いていたので事前にオンラインでチケットを購入しました。ちなみにマラケッシュのCTMではチケットを引き換える時にパスポートが必要で、すっかり忘れていた私。IDになりそうなものを提示して何とか乗り切ったけど、これから行かれる方は忘れずに。

エッサウィラに着いて気が付いたのは客引きの少なさ。落ち着いてる街なのが人気の秘密かも。
マラケッシュに戻るバスは夕方5時で時間が限られていたので早速写真を撮りに漁港へ。

すごいかもめの数。


この漁港のローカル感、かもめとの闘い、いつまでも見てて飽きない。
ちなみにここで買った魚を調理してくれるレストランもあるそう。私たちも声を掛けられたけど、ここでは見るだけで、漁港近くにあるレストランでランチをすることに。(フナ広場のように番号が並んでいます。)
お店に並べてある魚を選んで、調理してくれるスタイル。味はうーーーん。やっぱり日本の魚のクオリティーにはほぼ遠いお味。焼き過ぎてたりしてたので、素材がだめというよりは釣った後の処理や調理の仕方が残念なのかも。

気を取り直してスークの中へ。
エッサウィラのスークは値段が書いてあるものが多いと聞いていたけど本当でした。





結局エッサウィラではあまり買い物せず。アーティストが集まる街のようだけどあまり売っているものにオリジナリティーは感じなかったかな。
写真で振り返ると思ったよりきれいでびっくり。買い物はマラケッシュのほうが楽しいはず、疲れるけど。といいつつ、最後にアルミのスプーンをこのコンセプトストアでお買い上げ。値段は高めですがおしゃれなセレクトでした。

BOUTIQUE LE COIN DES SAVEURS
1, rue Mohamed Ben Messaoud, Essaouira Médina.
Téléphone: +212 (0) 5 24 78 51 93


この街で印象に残ってるのはコーヒー、モロッコのコーヒーってちょっと独特な味がして好きじゃなかったけどここで飲んだエスプレッソは美味しかった。

たぶん、日帰りで慌ててくる場所じゃなくてゆったりコーヒー飲みながらカフェでご飯したりするのがいい場所なんだろうな。(また一泊したくなってる。。笑)

細い路地で見つけた椅子、これもアート?
あっという間にバスの時間、マラケッシュに戻って最後にフナ広場で食べたかった卵サンド、ハリラ、お肉を堪能してさぁー気持ちよく宿に帰ろうと思ったら最後に無理やりヘナアートをされるというオチ。

モロッコの旅はどこか完璧じゃない。綺麗な場所に行っても、チップを要求されたり、素敵なものに出会ってもふっかけられたり、「あー、完全に楽しかった」ということがない。だから旅から帰ってきた時「モロッコ良かったけどなんだか疲れたなーー」と思っていたのだけど、こうやって記事にして一つ一つの写真を見て振り返ると、モロッコで過ごした日々の楽しさが蘇ってくる。(一回の旅行で記事を10回に分けて書くのも初めて、それだけ濃かった。)

マラケッシュで泊まったホテルはこちら。
Riad Lhena



長い記事にお付き合いありがとうございました。
引き続きロンドンの記事を更新していきたいと思います。


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




NewerStories OlderStories Home