ロンドンに突然やってくるあつーーい夏実録。

ロンドンの夏(6月から8月中旬くらい)はだいたい暑くても最高気温は25度前後。(参考記事 体感で記録するロンドンの天気)東京のうだるような蒸し暑い夏と比べるとカラッとした気持ちのいい季節なのですが
実は年に数日30度近くのあつーーい夏が突然やってきます。

何十年ぶりの猛暑というニュースが流れて(毎年更新している気がするけど)30度越えの天気予報を三度見。
何かの間違いかと思うくらいの暑さ!

突然やってきた夏日にロンドナーはどう反応するのか、3回目の夏を振り返ってまとめてみたいと思います。


夏日が週末にくればラッキー!水を求めて海やプールへ。
ロンドンから日帰りできる海は、混雑の極み。夕方頃には日焼けしすぎて真っ赤な人も多数。



ビールももちろん進んじゃう!(これは天気に関係ないか?!)
海がないロンドンは公園がビーチ状態、上半身裸、水着姿の開放的な人が増える。

平日の夏日は地獄?クーラーがなくて仕事にならないかも。。


面白いのがロンドンの天気の悪さに散々悪口言ってた割に、暑い快晴の日が何日か続くと今度は暑さに対する不満全開。暑すぎて寝れないーー、仕事にならないーー、体調悪いーーなどなど。笑

確かにロンドンの公共交通期間はクーラーはないし、特に地下鉄の通勤は蒸し風呂のようでオフィスに着く前にバテる人も多そう。
クーラーがないオフィスで働く人は扇風機を持参する人もいるほど。作業効率は確実に落ちてます。。

*長距離電車やバスは逆にクーラーが効きすぎているので注意。


アイスがスーパーマーケットから品薄に。
いつもスーパーマーケットのアイス売り場は寒くて避けていたけど、こんな時に食べなくてはいつ食べると覗いてみるとアイスクリームが。。ない。。


かろうじてお高めのハーゲンダッツを発見。
カフェでもアイスの飲み物ばかり頼んじゃう。



番外編:在英日本人の間で夏の風物詩の食べ物が流行る
ツイッターを見ていると在英日本人のツイートで流れてくる美味しそうな夏の食べ物。
パスタを重曹でゆでると中華麺になるという情報を見つけて冷やし中華始めてみました。


クーラーがない中での30度は体に堪えるけれど、夏日の楽しみは夜のおでかけ。
いつもは日が沈んだ後に備えて持ち歩く上着もこの日ばかりはいらない気楽さ。



もしロンドン旅行中に暑い夏がやってきたら、思った以上に日中は体力を奪われるのでこまめな水分補給を。体力に自信がなければ夕方から出かけて夜風に吹かれながらの街歩き、公園での時間をゆったり過ごすのもおすすめです。

今日はすっかり気温も下がって通常に戻ったロンドン、今年はもう一回こんな夏日がくるか、それともこのまま夏が終わってしまうのか8月頭くらいまでそわそわが続きます。


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ








NewerStories OlderStories Home