[UK TRIP] 変化し続ける海沿いの街マーゲート(Margate)

前の記事で書いた突然来た夏日の週末は他のロンドナーと同じく海を求めてケント州にあるマーゲート(Margate)に遊びに行きました。(夏日についてはこちらの記事も ロンドンに突然やってくるあつーーい夏実録。



イギリス南東の海に遊びに行くのは二年ぶり、前回はシーフードで有名なウィスタブルに行きました。
オイスターだけじゃない、美食の海の街ウィスタブル(Whitstable)で過ごす週末_Part.1 Beach
オイスターだけじゃない、美食の海の街ウィスタブル(Whitstable)で過ごす週末_Part.2 Town

今回はもっと先のMargateという場所、電車でロンドンのSt Pancras Stationから高速鉄道で2時間弱です。(South Easternのホームページから買う方がNational Railよりも安く二日前の購入で1人往復10ポンドでした。)



マーゲートの事前の評判は賛否両論でポジティブな意見としては「ロンドンからおしゃれな人が移り住んでるらしい」ネガティブなものは「結構荒いしさびれてる。正直労働者階級の海だよ、なんであえてそこに行くの??」

調べてみると、少なくとも250年以上の歴史のある海辺のリゾートだったのが60年代のモッズとロッカーズの抗争や移民の増加ですっかり荒れてしまい、2011年頃からミュージアムが建設されたり近年再建が進んでいるのだそう。(Wikipedia 参照)

こういう評判が分かれる街は実際行ってみて自分の目で確かめるのが好きなのであんまり乗り気じゃない夫を連れて日帰りで行ってみました。

Margateの駅を降りてしばらく歩くと、、そびえ立つカウンシルフラット。笑


ちょっと心配になって海のほうへ歩いていくと雰囲気が良くなってきて安心しました。
1880年に遊園地として開業した後、苦難な時期、閉鎖を乗り越えて今も残るDREAMLAND

目の前には美しい砂浜のビーチ、イギリスではとっても珍しいのです。 

海を目の前に短い夏を楽しむ人たちでにぎわう。


海岸沿いを歩いて旧市街のカフェでランチをすることにしました。

旧市街の中心にあるTHE GREEDY COW


ハンバーガーのメニューをオーダー



旧市街はお店も多く街歩きするだけでも楽しい。


LOVE LANE、なんて可愛い通りなんだろう。
海でゆっくりしたのち、ふらーーっと買い物で着る気軽さ。

アンティークのお店も多い。

旧市街に近いJMW Turner のミュージアム Turner Contemporaryも寄ってみたり。(入場料は無料です。)


ちょうど音楽イベントをやっていました。



Margate市内を散策した後は海でゆっくり過ごす時間を取りたくて、海岸沿いをてくてくと。気がつけばかなり遠いBotany Bayまで来てしまいました、、途中アイスクリームを補給しながら片道4kmの道はちょっと遠かったかな。(駅前の海は混雑してますが、ここまで歩かなくてもビーチは続いてます。)
夕方5時くらいのちょっと涼しくなった浜辺がいい。


Botany Bayにはこんな岩もあって、冬に来れば人込みを避けていい写真が撮れそう。




この海の近くのBotany Bay Hotelに併設するパブで冷たいビールとオレンジジュースで水分補給して夕陽になりつつある海沿いの道をマーゲートに向けて戻っていきました。

きらきら光るこの時間が好きだ。
海を出るころには夕陽が一番強く輝く時間に。

久しぶりにこんな強い夕陽を見たなぁ。

誰かの残したビールも輝く。


いつもはチーキーに見えるシーガルも勇ましい。

夕陽の時間はあっという間。

夕陽みながら語り合えるなんて贅沢な時間。

マーゲートの街もすっかり夕暮れ、レトロさが際立つ。
14時頃に到着して日が暮れる9時半くらいまでたっぷり楽しめました。
ロンドンから来る場合は、夕陽に見とれて終電を逃さないように注意です。(私は終電の一歩前にギリギリ乗れたのでセーフでしたが、時刻表チェックしておきましょう。)

イングリッシュビーチがまだまだ楽しめる季節、おしゃれに変わりつつあるマーゲートもおすすめです。


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ



NewerStories OlderStories Home