[UK TRIP] Weymouth Trip

Bank Holidayは友達のHoliday Houseにお呼ばれしてWeymouthに旅行に行ってきました。
London Waterlooの駅から3時間弱列車に揺られて着いた港町、Weymouth.
着いた翌日の日はあまり天気が良くなかったけど、Portlandにバスで移動して美味しいクラブサラダを食べたりビアフェスタに参加したりローカルを満喫。

ビアフェスタというので、すごく大きな会場を想像してたら、パブの裏庭にテントがあって写真のようにビールの樽がたくさん並んでるこじんまりしたもの。地元の人が久しぶりに集まってひたすらビールを飲む傍ら、子供たちはプレイグランドで遊ぶゆるーい感じ。
友達はここが地元なので久しぶりの再会に嬉しそう、私たちも混ぜてもらって楽しいひととき。
ここのビール、ハーフパイントだと1.5£でした。日本円でも300円弱。フルーツの香りのする爽やかなものや、ビターなもの、サイダーも置いてました。
私はほとんど飲めないので、ビール好きな友達を連れてきたかったーと何度も思いました。

宴は夜中近くまで続き、結局4件のパブを一日で梯子。なんだか、イギリス人に少し近づいた気がした一日でした。次の日はもちろん、誰もが二日酔い。お昼近くから行動して、車でVillageを見せてくれたり。こんなアヒルにも遭遇!!2枚目の写真にちらっと映る菜の花(flower of cole)が本当にきれいな黄色でシャッターチャンスを狙うも降りれる場所がなく残念。





その後、少し自由時間をもらって旦那さんと海沿いを歩いたり。昨日と打って変わっての青空。(この後夕方はまた雨で、イギリスらしい天気。)遠浅の透き通った海とイギリスの建物の組み合わせがどこかまだ新鮮で、ずーっと見てしまう。日本ではこういう景色がない気がするなー。BeachではKite Festivalをやっていて,子供たちが風を待ちながら、走り回っていました。

最終日は友達がDorsetに車を出してくれて、Blue Bellが咲く森に案内してくれました。森というよりはちょっとした小道という感じですが、一面に咲くBlue Bellは可憐です。ロンドンの公園にもぽつぽつ咲いてるのですが、なかなかここまで咲いているのは出会えません。一瞬ラベンダーのように見えるBlue Bell、4月末から5月中旬が旬のようです。


その近くにあるThomas Hardy生誕のお家も拝見。イギリスの有名な作家で、最近公開された映画Far from the Madding Crowdは彼の作品だそうです。

イギリス人の友達と行くイギリス郊外、天気も何とか恵まれて楽しい旅行でした。
まだまだイギリスも行きたいところがたくさんあります。

ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村