[France]絵本のような街コルマール(Colmar)

アルザス地方のコルマールやストラスバーグにはコロンバージュと呼ばれる木で作られた可愛いお家がたくさん。
コルマールはハウルの動く城の舞台となった街だそうです。
気温は35度近くでとっても暑かったけど、運河に座ってゆったりと過ごす時間は何とも言えない贅沢な時間。

コルマールの駅構内
コルマールの夏の夜は長い
涼を求めて
教会の近くでカノンを演奏する人たち

バンクホリデーを使って4日間のフランス アルザス地方の旅。
コルマールは小さい街なので、その土地の空気を感じる過ごし方が出来ました。ゆったり遅めのランチをして、昼寝をして、公園で噴水を浴びにいったらまたカフェでコーヒーを飲んでぼんやり。
ちなみに自由の女神の作者フレデリク・バルトルディ(Frédéric Auguste Bartholdi)はコルマール出身だそうで彼のミュージアムがこの街にあります。

ストラスバーグはコルマールに比べると都会的ですが、運河のスケールも大きいし私はストラスバーグのほうが好きだったかな。(ちなみに上の三枚はストラスバーグの写真です。)

滞在中ほぼ雲一つない真っ青な空、ロンドンではなかなか味わえない夏を楽しめた旅行でした。

ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

No comments :

Post a Comment