[Morocco]Day.1_旅のスタート!ヨーロッパとアフリカを結ぶ港町 タンジェ

イースター旅行で行ったモロッコの記録です。全日程に関してと旅の準備はこちらをご覧ください。

ヒースローからマドリッドを経由して辿りついたモロッコ、最初の都市はタンジェという街。事前情報によるとかなり治安が悪いらしく、着く前からびびってましたが意外にも空港には客引きもなく、タクシーも目安となる金額が書かれていてぼったくりも少なそう。

私たちはホテルに送迎を頼んでいたので空港で待ち合わせてホテルまで直行。
モロッコではDar や Riadと呼ばれる旧市街にあるプチホテルに泊まりました。背景としては、暮らしにくさを理由に現地の人が手放したお家をヨーロッパ人がホテルに改装して人気がでているよう。観光地が旧市街に集まっているのもあるし、観光の拠点にとっても便利なのですが、とにかく道が分かりにくかったり、夜はちょっと暗くて怖いと感じる人もいるかも。

モロッコに来たなら是非リアドに泊まってほしいけど、方向音痴な私には旦那の助けなしでは辿りつけないくらい難解。それに加えて、モロッコ人にこの道は閉まってるとか言われるから、一人だったら無理だった。。

タンジェで泊まったDarもメディナの入り口まで車で送ってもらい後は荷物を持ちながら坂道を少しのぼり細い裏道を曲がったところにありました。

少し仮眠をとって休んだ後はタンジェ散策。歩いてて気づいたのは、観光客が本当に少ない、ショッピングも数が少なくていまいちかな。
印象的だったのは壁の絵、モロッコは街ごとにテイストが違うのですがタンジェは街に溶け込む自然な絵が多くて好きでした。



遅い昼食はSalon Bleuという海が見えるカフェへ。ここで食べたクスクスが美味しくてほぐれました。




少し街歩きをして、海沿いへいったらすごい建設ラッシュでした。モロッコの2015年のGDP成長率は5%、タンジェもきっと何年後にはリゾート地に様変わりしているかも。



タンジェの夜はシーフードとモロッコの定番スープ”ハリラ”。



美味しかったけど、ここでの私たちの不安。

「なんか物価安くないね。。」

観光客向けのお店に行っているのはしょうがないと思うけど、この物価の高さスペインとさほど変わらないレベル。

旅を終えて振り返ってみると一番食費が高かったのはタンジェでした。(夜ご飯二人で250ディルハム)

正直わざわざこの街に観光しにくる見どころはないけれど、青い街のシャウエンにはアクセスも良いし、治安も確実に改善している模様。

そして気候ですが、モロッコの北なのでほぼヨーロッパと同じ気温で3月中旬はまだまだ寒いです。
私は砂漠が終わるまでDecathlonで買ったジャケット(記事はこちら)が手放せなかったです。

次はいよいよ前半のハイライト、青の街”シェフシャウエン”へ。


タンジェで泊まったホテルはこちら。
Dar Yasmine



ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村