[Morocco]Day.9_魅惑のマラケッシュ、まちあるき。

砂漠ツアーから帰ってきてやっとマラケッシュを観光する日がやってきました。
この場所には随分前に辿りついたのに、フナ広場しか見たことがなかったのでわくわく。

朝ごはんはゆっくりリアドで。モロッコの朝ごはん、ナイフとスプーンはいつもこんな置き方、独特。




夜は気が付かなかったマラケッシュの街の色。薄茶色のような街が日が当たり始めるとオレンジやピンクに輝いて美しい。




マラケッシュを観光していると植物や花の力強さに圧倒される。時に歴史的な建造物を凌ぐくらい。
今まで旅してきたモロッコの都市とあきらかに違う、楽園、オアシス、そんな言葉が自然に出てくる。




バヒア宮殿では現代アートの展示も。
バヒアとは"brilliance"という意味。
ステンドグラスが緑に映える。
街を歩いていて見つけたタイル。
午前の観光を終えてふらっと入ったカフェがおしゃれでした。デトックスウォーターがあったり、雑貨も売ってたり。フランス人のデザイナーと思われるお店。
La Famille


外でご飯食べたい陽気、落ち着いた雰囲気。


軽く腹ごしらえをしたところでタクシーに乗って、マジョレル庭園へ。(フナ広場から乗るタクシーはメータータクシーを探すのに一苦労、根気がいります。)
マジョレル庭園の私たちの評価は実はちょっといまいちでした。とにかく人が多いし、カラフルな植物園という以上の感想を正直持てなかった。。ただモデルのように綺麗な女性が多く訪れてたし、イブサンローランの愛した庭園を一目見たいということで訪れている人も多いのかも。


"LOVE"のグリーティングカード、生まれ年のを発見してパチリ。
イブサンローランは私たち庶民にはハイレベル過ぎたのか、あっさりと観光して近くにあるスーパー(ACIMA)でスパイスなどを買ってフナ広場に戻りました。

フナ広場でオレンジジュースを補給した後、スークにあるメドゥーサを見学したり、買い物したりであっという間に夕方。

夕暮れが見れるのはこの日のみなので、フナ広場を見渡せそうなCade De Franceのテラスを下から覗いてたら何と砂漠ツアーで一緒だった北欧ガールズを発見、合流させてもらって夕暮れの一番賑やかな中写真を撮ることが出来ました。

ちなみにフナ広場を見渡せるカフェは何個かあるけれど、たぶんサービスはどこも同じのような気がします。
Cafe De Franceからの景色はこんな感じでした。



今夜はフナ広場ではなく、Souk Kafeというレストランで夕ご飯。ここのモロッカンサラダとクスクスは絶品でした。ちなみにここではモロッコワインもオーダーできます。フナ広場で食べるご飯が好きだけど、一日くらいレストランで食べるのもいいかも。

明日は最後の観光、エッサウィラに日帰りで行ってきます。

マラケッシュで泊まったホテルはこちら。
Riad Lhena


ランキングに参加しています!クリックが励みになります^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村